田中薫

ギタリスト、作曲家、講師

 

大阪府出身 1985年生まれ。幼少期から絵画に慣れ親しむ。

12歳の時にギターをはじめ、学生時代はバンド活動に明け暮れる。

高校卒業を機に上京し専門的な音楽理論やアカデミックなギターアプローチを学ぶ。

20歳頃より自己の音楽スタイルを模索する中で、インドへ放浪。

現地のセッションなどを通して衝撃を感じ、ルーツとなる日本音楽への探求をはじめる。

 

Berklee Summer Sessionsに参加し、アウトスタンディングミュージシャン賞を受賞。

07年バークリー音楽院で、David Fiuczynski氏にギターに師事。

08年に関西へ戻り、kaoru tanaka groupで活動。

10年デビュー作 “ KARMA UNDER THE SUN をリリース。

“純ジャズでもコンテンポラリーでもない、近年の主流から逸脱した異端サウンド。シンセ併用のハード・ドライヴ・ギターの全自作曲には明らかに強い“和”の香りが。近似値に与しない新しい期待の息吹” -CD Journal

 

11年、現代の浮世とジャズロックを融合プロジェクトUKIYO BANDを発起し、国内外で活躍するミュージシャン達と共演。

和太鼓や篠笛、尺八、箏などとのコラボレーションも行う。

16年、第二作 ” Ukiyoi “(うきよい)をリリース。

日本ーイギリスーベルギー三カ国で録音、ロサンゼルスにてミックス・マスタリングを行う。世界的ジャズフュージョンミュージシャン達も参加する豪華かつ、現在のUKIYOの極地を探る作品となった。

“響きとイマジネーションの仕掛け満載。キレのいいフュージョン仕立のノリを聴かせたかと思えば、にわかに時間を止め多彩な響きのかけらを浮遊させて印象を撹拌。邦楽器や和旋法を使いながら和風を宙に浮かせてどこやら“国籍”知れぬ非日常イメージに彷徨。既成の音世界に拠らぬ企み豊かな仕業である。”  -CD Journal

 

 

English

Kaoru Tanaka was born in Osaka, Japan in 1985.

Kaoru loved painting in childhood and started playing the guitar at the age of 12.

He moved to Tokyo area for pursue the studying of music so then he took serious music education for 3 years.

In 2006, at the short trip on the INDIA, kaoru was impacted by the power of cultures and atmosphere. This led him to pursue the searching own music which is Japanese roots.

In 07, he attended to the Berklee College of Music mainly focus on study with guitarist David Fiuczynski.

In 08 he went back to Osaka and formed kaoru tanaka group.

KARMA UNDER THE SUN ” which include 7 original songs with 10 musicians was released in 2010.

” It’s not main stream or contemporary kind of jazz, but totally maverick music that exists in today’s music scene. There’s obviously japanese taste with the hard driving guitar sound combining with synthesizer. ” – CD Journal

He continued to collaborate with japanese instruments like – Wadaiko(Japanese Drums), Shino-bue, Shaku hachi(Bamboo flute), Koto,17 Gen.. (Japanese Zither) to find new horizon.

In 2016,  the second album “ Ukiyoi ” Japan – London – Belgium recorded with some of the finest world class musicians – was released.

The concept of it is the FUSION of Modern Ukiyo and Contemporary music.

“Massive gizmos of timbre and imagination. There’s thick tight fusion groove but in next moment, stop the flow of time and the pieces of timbre float and it’s like illusion.  It floats something japanese with its instruments and scales and modes, you may get lost to the stateless cloudland. It doesn’t stand by cliche music. It designs great intentionally.  “-CD Journal