UKIYO BANDとUkiyoiの意味

ご無沙汰しています。

田中薫です。

 

ここのところずっと今年立ち上げたギター教室の方の基礎つくりに集中していました。

教室の方ではよくブログを書いているので(「ギターと音楽向上に役立つブログ」ギタリストの方は是非ご覧ください)落ち着いたらこちらにエッセイを書きたいと思っていました。

こちらでは一音楽家としての想いとか、独り言のようなものを綴っていきたいと思っています。

 

人生って色んな時期があります。楽しい時、辛い時、うまく行く時、失敗する時

色んな経験、たくさんの本や先人達の智慧。これらから学ぶ事でネガティブな要素というのは本当になくなっていくようです。

 

 

3年間、魂を込め続けようやく発売にまで至った ”Ukiyoi”(本当に魂入ってるんじゃないか?笑)をリリースしたのも、もう一昨年の12月です。

 

それからというものの少し生活・健康面で、中々思う通りに活動できなかったことはご存知の方も居られると思います。

一つ一つのハードルが、これからの成功に向かうための肥しです。

 

現代のUKIYOは嬉しき世でありたい。それがUKIYO BANDのコンセプトの精神です。(平安時代は”憂き世”、江戸時代は”浮き世”でした)

そして嬉しき世は、良いなぁ とシンプルにそう思うから、Ukiyoiなんです。CDの内容はすごく濃いんですが、そんなポジティブな意味が込められています。

 

それを実現できる音楽家を目指してこれからも精進したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA