インターネット時代に楽譜はあった方が良い?

弾きたいと思った曲の楽譜を探そうと思ったとき昔は

・楽譜、教本を探す

・知っている人に弾き方を聞く

・耳コピする

これくらいしか方法がありませんでした。

 

今はYoutubeで弾き方を解説してくれている人を探す方が、多くなりましたね。

弾き方動画の便利なところは

・どのように演奏しているか見ることが出来る

・リアルタイムに楽譜が画面に出てくるので理解しやすい

・手軽に練習が出来る

 

おそらく私も今ギターを初めたとしたらYoutubeを使って練習をはじめると思います。

 

ギターを教えるようになった立場からしても、動画で弾き方を学習した生徒さんたちが演奏できるようになっていることに正直驚きました。Youtubeの楽譜はとても有効なんですね。

 

では本物の楽譜はどうなの?不便じゃない?

というところですが、いやいや、やっぱり良いんです。結論から先に言いますと

Youtubeと本物の楽譜の並行使いをお勧めします。

 

本物の楽譜はプロが作っているため基本的に正確な記譜法に従っています。

記号1つ1つの意味が分からなくても、それを眺め続けていると

『これってどういう意味なんだろう?』と疑問がわいてきます。疑問を蓄積していくことが新たな知識を入れるために大切です。

だから曲を全部見渡せる本物の楽譜は、実はとても効果的なんです。

 

もう1つ大事なポイントは、

書き込みができる点です。

・気づいた事や注意する場所をメモする

・大事な記号を見落とさないようマーカー印を入れる

このように、楽譜はたくさん書き込みをすると上達も早くなります。

それに自分が書き込んだ楽譜って、何か愛着がわきませんか?(^0^)

これはインターネットの楽譜で曲を弾こうとしていた生徒さんたちの手助けに作成した資料です。このように紙に工夫すると練習もスムーズ。

 

(余談ですがこちらの記事では、科学者の視点からみた紙と電子書籍の違いは?という興味深い話が書かれています。→ 紙の本が電子書籍よりも優れていることを示す数々の研究報告 )

 

そうはいっても!やっぱり動画の使いやすさは重宝しますね。

ですから全ての曲で本物の楽譜を使うまでしなくても構いません。

・動画にはない楽曲

・自分の好きな楽曲

などで、本物の楽譜と併用していくことをすれば大きな問題はありません。

 

できれば『Youtubeしか使わない!』と頑なに決め込まず、

『気分転換で、たまには楽譜を買ってみようかな〜』と軽いノリで、

今の時代にあった上手な楽譜との付き合い方をしてもらえたら嬉しいです。

 

 

Pops、Rock系のギター楽譜は勿論、Jazzや五線譜など様々な楽譜にトライしましょう。

【田中薫ギターラボ】開講中です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA